HTMLコーディングについて:レインディア

ホームページ制作

HTMLコーディングについて

W3Cに準拠したXHTML+CSSコーディング

W3C(Web標準化団体)が勧告した仕様書に基づき、HTML4.01またはXHTML1.0で制作を行っています。
HTMLの最終確認には、W3C が提供するHTML Vaildatorなどを使いコーディングの検証も行っております。

Webページ

Webページはテキスや画像のほかに文書中に埋め込まれた音声、動画などから構成されています。
この構成を記述したファイル(文書構造とデザイン定義)が、Webブラウザにより解析されWebページとして表示されます。
Webページ構成図

HTMLコーディング

HTMLコーディングとは、HTMLと呼ばれているマークアップ言語でWebページの文書構造を記述することです。
HTML4.01またはXHTML1.0の仕様で文書構造を記述し、デザイン定義は外部スタイルシートにCSSを記述します。
コーディング作業では基本的なSEO(サーチエンジン最適化)も含めて制作いたします。またホームページ制作後のメンテナンス性を考慮し、可能な限りシンプルで無駄のないHTMLソースを心がけております。

CSS カスケーディングスタイルシート

CSSとは主にHTML文書の視覚的表現を指定するための仕組みで、文字や背景などの装飾、レイアウト部分を定義します。
CSSはブラウザによってバグや使用可能なセレクタに差がありますので、下記の一般的なブラウザで表示確認の検証を行います。

  • ■Windows Internet Explorer Ver6,Ver7 / Firefox Ver2,Ver3 / Opera Ver9
  • ■Macintosh Safari / Firefox
制作開始~完成まで

仕様策定からホームページ完成までの作業工程概要。

W3Cに準拠した制作

W3Cの仕様書に準拠したコーディングと基本的なSEOも行います。

サイト制作料金

基本的な制作費を掲載しております。ご予算と比較しご検討下さい。